x

喫茶店之謎vol.1「在LADRIO點杯維也納咖啡」/川口葉子

writting /川口葉子;interpreting / Rinsho

充滿魅力的喫茶店咖啡館地上,隨時滾落著不可思議的小秘密。有時會被謎團絆到腳,那麼就試著解開謎團吧!

像是隨著創業者逝去,永遠無法得知的店名由來 ; 又或者是店主在十五年的時間之內完全沒有變老的跡象 ; 亦或是再怎麼擁擠的店裡,吧檯永遠空著的角落座位......。

雖然事隔了一段時間,在某家人氣店的吧檯角落座位,即使一直都空著,卻有時會有「有人坐在那」的目擊情報。幸好我什麼都沒有看到,但聽說在持續發生幾次靈異事件之後,深感不祥的店主請來了道士驅靈。但在那之後,不知為何地客人們逐漸不登門造訪,而咖啡廳似乎也沉靜於寂寥之中。

「也許生意興隆的咖啡店裡,都有個幽靈亂入於人群之中吧!」告訴我這則故事的友人在飄蕩著些許墨香的房間對著我微笑道。說怪也怪,那位友人既不是書法家,也不是水墨畫畫家,但房間裡確實飄蕩著淡淡的墨水味......。 

魅力的な喫茶店の床には、たいてい小さな謎や不思議のひとつやふたつ転がっているもの。ときどき誰がそれにつまづいて、謎解き遊びを試みたりします。

たとえば、創業者がすでに亡くなり、誰にも由来がわからなくなった店名の謎。あるいは、店主が15年間まったく歳をとっていないように見える不思議。店内が混雑しているときでも、なぜか誰も座ろうとしないカウンターの端の席。

ずいぶん昔の話ですが、とある人気店のカウンターの片隅の席は、空いているにもかかわらず時おり「誰か座っている」という目撃情報がありました。

幸いにして私には何も見えませんでしたが、何度かそんなことが続いて薄気味悪くなってきた店主は、お祓いをして店内を清めてもらったそうです。ところがその後、なぜかお客さまの足が遠のいて、お店はずいぶん寂しくなってしまいました。

「繁盛するお店には、幽霊の一人くらい紛れ込んでるほうがいいのかもね」
と、この話をしてくれた友人はいつものように墨汁の香りの中で微笑したのでした。不思議といえばこれも不思議なのですが、その人は書家でも水墨画家でもないのに、部屋にはうっすらと墨の香りが漂っているんですよ。
創業於昭和24年,遇見神保町LADRIO之謎
這次要為你解開神田神保町的三大古典咖啡館之一「LADRIO」維也納咖啡的謎團。LADRIO是日本首次推出維也納咖啡的咖啡店,對於咖啡迷們來說是件眾所皆知的事。但你知道為何當時LADRIO要採用維也納咖啡於菜單之中嗎?

「當時店面比起現在大約大上兩倍,店裡也非常熱絡,為了不讓咖啡在送餐途中打翻、冷掉,所以蓋上了些許生奶油。」在LADRIO工作七年之久的篠崎麻衣子小姐道。也就是說以奶油在咖啡上加蓋!真的會比較不容易讓咖啡灑出來嗎?還是會比較不易降溫呢?雖然新的謎團又誕生了,但先不深究,因為這次的主題才正要開始!

我點的維也納咖啡上桌了!請一起看看以下的照片。

昭和24年創業、神保町ラドリオで謎に出会う
今回お届けするのは神田神保町の古典喫茶御三家のひとつ、「ラドリオ」のウィンナーコーヒーにまつわる謎解きです。

日本で初めてウィンナーコーヒーを出したのがラドリオだと言われていることは、喫茶店好きにはよく知られていますね。では、ラドリオがなぜウィンナーコーヒーをメニューに採用したのかについてはご存じですか?

「当時の店内は現在の2倍くらい広く、お店も忙しかったので、客席にコーヒーを運ぶときにこぼれないように、そして冷めにくいように、生クリームを浮かべたと聞いています」

お店に務めるようになって7年目という篠崎麻衣子さんが教えてくれました。つまり、生クリームでコーヒーにふたをしたというわけですね。はたして本当にこぼれにくいのか、冷めにくいのかという新たな謎も生まれましたが、それはさておき、今回の本題はここからです。

私が注文したウィンナーコーヒーが運ばれてきました。写真をご覧ください。
在這個時候,充滿謎團的事情尚未發生。但在喝下第一口咖啡,將杯子順時針迴轉、讓杯柄向右時,卻察覺到了異狀。

この時点では、まだ謎は発生していません。あれ?と思ったのは、いざ飲もうとしてカップを回し、取っ手を右にした瞬間。
原來這不是個純白的杯子而是印著LADRIO圖案的杯子。一般而言,商標應該朝著客人代表禮貌,但為什麼特地這樣的方式上桌呢?基於好奇心的驅使,不禁向店員提出發問。

我:「請問每次都是這樣上桌的嗎?」
店員:「是的,店裡都一率將杯柄朝左。」
我:「但這麼一來就看不見商標了,請問這麼做有什麼理由嗎?」

留下了請稍等一下這句話,店員特地往裡走去詢問其他的店員做確認。但得到的答案依舊是「還是不太清楚理由...真抱歉」,看來謎底沒那麼容易就揭曉。

これは白いカップではなく、ラドリオのロゴ入りのカップだったのです。一般的にはロゴがこちらを向くようにセットされるものですが、なぜわざわざこんな置きかたをするのでしょう? 気になってスタッフに訊ねてみました。

「いつもこの向きにセットするんですか?」
「はい、取っ手が左側になるように、と言われています」
「そうするとロゴが見えなくなるけど、どんな理由があるんでしょう?」

少々お待ちくださいと言って、彼女はわざわざ奥に行って他のスタッフにも確認してくれましたが、結局「理由はわかりません……すみません」とのことでした。
推理與解答
我邊吃著加點的咖哩飯,一邊推理著解答。
(1)在要喝咖啡的瞬間,對於第一次看到的商標感到小驚奇! 
(2)讓兩個人面對面坐時,可以互相看到對方杯子上的小圖案,就像擺在外牆而非室內的花一般?!

過了一會兒,終於有機會和店長篠崎麻衣子小姐對答案了!

「因為咖啡杯是在創業60年時訂做的,但在訂做當時並沒有特別思考使用時方向的問題。」 所以說,如果是美式咖啡廳的話,將杯子耳朵朝右放,客人再拿取時就不會有所疑惑。但因為LADRIO是間英式咖啡廳(英式多以左手拿取咖啡杯),所以才會出現這樣謎一般的現象囉?

「是的(笑)」

結論:應該在兩面都印上商標的...,將咖啡店謎團般的種子釐清之後,心情上或許鬆了口氣。也許正因如此,咖啡店總是如此惹人憐愛。

推理と回答
追加で注文したカレーを食べながら、推理してみたのです。

(1) 飲むときに初めてロゴの面が現れて「あ!」と気がつく、小さな驚きの演出。

(2) 二人連れで向かい合って座っているお客さまには、相手のカップのロゴが見えるという粋。たとえるなら、窓辺の花を室内に飾るのではなく、外壁に飾るようなもの。

しばらくの間、ふところで温めていたこの推理、店長の篠崎麻衣子さんに正解をうかがう機会に恵まれました。

「そのカップは創業60周年記念のときに作ったものですが、ロゴがどちら向きに入るかなど、とくに何も考えずに発注したらしいんです」

……え? つまり、アメリカ式(カップの取っ手が右にくるようにセットする)のお店ならお客さまが疑問を抱かなかったところ、ラドリオはイギリス式(取っ手が左)だったために、謎が生まれてしまったと、そういうこと?

「はい(笑)」

結論:ロゴは両側につけといてください……。

喫茶店の謎の種明かしをすると、ちょっと拍子抜けするときもあるのかもしれません。だからこそよけいに愛おしくなってしまうのでしょう。
◆ラドリオ(LADORIO)
地址:東京都千代田区神田神保町1-3
營業時間:平日11:30~22:30 、週末12:00~19:00
定休日:國定假日
CafeSnap 大家的投稿> http://cafesnap.me/c/2764

Cafe Snap介紹:
CafeSnap是可以帶領你探索充滿著個性咖啡店的咖啡店專用app。從老派的喫茶店、時髦咖啡館一直到現在正火紅的咖啡等10000間咖啡店都有!以照片帶領你找到一家最對味的咖啡廳。
◆CafeSnap (iOS, Android 免費)

筆者介紹:
作家&咖啡攝影師。由川口葉子小姐所經營的個人網站「東京咖啡店迷」廣受喜愛咖啡店的人關注。從高中時代開始,已經走訪累積超過1000多家咖啡店,將常在書籍、雜誌、線上雜誌等各類媒體與大家分享咖啡為主的相關生活體驗。著有《東京咖啡店散步》、《咖啡人》、《街角的面包和咖啡》等多部作品。川口葉子小姐的最新書籍「カフェノナマエ(意譯:咖啡廳的名字)」好評發售中!※目前僅出版日文版。

推薦相關活動:
日期:2018年12月1日(六)〜12月2日(日) 
時間:10:00〜18:00
地點:松山文創園區 一號倉庫&二號倉庫
主辦:haveAnice Festival 實行委員會

                         【本篇連載文章為 Cafe Snap 與 haveAnice 合作交換文章】

圖片出處 / CafeSnap

tag / 日本 咖啡 文化 cafesnap culture & coffee haveanice festival


「haveAnice」編輯部,請多指教啦!nice

have308nice give27nice nice

comment

YOU MAY ALSO LIKE...

haveAnice編輯部's OTHER ARTICLES

Other Articles

資生堂Gallery〔近在咫尺的工藝〕展—讓日常生活也能精巧細緻(上)
文/費雯麗資生堂是老招牌的化妝品公司,對「美感」的重視與敏感度,自然很精準。經營美的範疇從紙本刊物《花椿》到保有日本最古老畫廊的資生堂 Gallery。位於銀座黃金地段的資生堂 Gallery,於1919年開幕,雖然途中曾經因為震災與戰爭,還有建築物改裝曾經閉館過,但它依舊保有現存日本最古老畫廊的特殊地位。1990年開始,資生堂 Gallery 以現代美術為主軸,選擇展示「前衛性」與「純粹性」兼備的藝術品,並且不收入場費,希望能用更平易近人的方式,介紹資生堂「嚴選」的美感藝術。碗盤、刀叉、水杯、燈照,這些存在於日常生活再平凡不過的生活用品,你可曾認真地對待、仔細地凝視過呢? 資生堂 Gallery 這回策劃的展覽「そばにいる工芸」(近在咫尺的工藝)展,從「食」與「食」出發,介紹了6名工藝家的作品,包括金工、玻璃、陶藝、和紙、陶瓷器、木工,瞥見職人們如何運用精巧作品,點綴生活色彩。
×